ファニーステップ > 古今和歌集 TOP

古今和歌集



English Edition of Kokin-wakashu page

<目次>
注)当サイトの底本について


巻第一 (春歌上)
1. としのうちに春はきにけり ひととせをこぞとやはいはむ ことしとやいはむ 在原元方
2. 袖ひぢてむすびし水のこほれるを 春立つけふの風やとくらん 紀貫之
3. 春霞たてるやいづこ みよしののよしのの山に雪はふりつつ 詠み人知らず
4. 雪のうちに春はきにけり うぐひすのこほれる涙 今やとくらむ 二条后
5. 梅がえにきゐるうぐひす はるかけてなけどもいまだ雪は降りつつ 詠み人知らず
6. 春たてば花とや見らむ 白雪のかかれる枝にうぐひすぞなく 素性法師
7. 心ざしふかくそめてし折りければ きえあへぬ雪の花と見ゆらむ 詠み人知らず
8. 春の日のひかりにあたる我なれど かしらの雪となるとわびしき 文屋康秀
9. 霞たち このめもはるの雪ふれば 花なきさとも 花ぞちりける 紀貫之
10. はるやとき 花やおそきと ききわかむ 鶯だにもなかずもあるかな 藤原言直
11. 春きぬと 人はいへども うぐひすのなかぬかぎりは あらじとぞ思ふ 壬生忠岑
12. 谷風にとくるこほりのひまごとに うちいづる浪や 春のはつ花 源當純
13. 花のかを風のたよりにたぐへてぞ 鶯さそふしるべにはやる 紀友則
14. うぐひすの谷よりいづるこゑなくば 春くることをたれかしらまし 大江千里
15. 春たてど花もにほはぬ山ざとは ものうかるねに鶯ぞなく 在原棟梁
16. 野辺ちかくいえゐしせれば うぐひすのなくなるこゑは あさなあさなきく 詠み人知らず
17. かすがのは けふはなやきそ わか草の つまもこもれり 我もこもれり 詠み人知らず
18. かすがのの とぶひののもり いでて見よ 今いくかありて わかなつみてむ 詠み人知らず
19. み山には 松の雪だに きえなくに 宮こはのべの わかなつみけり 詠み人知らず
20. 梓弓 おしてはるさめ けふふりぬ あすさへふらば わかなつみてむ 詠み人知らず
21. 君がため 春ののにいでて わかなつむ わが衣手に 雪はふりつつ 光孝天皇
22. かすがのの わかなつみにや 白妙の 袖ふりはへて 人のゆくらむ 紀貫之
23. はるのきる かすみの衣 ぬきをうすみ 山風にこそ みだるべらなれ 在原行平朝臣
24. ときはなる 松のみどりも 春くれば 今ひとしほの 色まさりけり 源宗于朝臣
25. わがせこが 衣はるさめ ふるごとに のべのみどりぞ いろまさりける 紀貫之
26. あをやぎの いとよりかくる 春しもぞ みだれて花の ほころびにけり 紀貫之
27. あさみどり いとよりかけて しらつゆを たまにもぬける 春の柳か 僧正遍昭
28. ももちどり さへづる春は 物ごとに あらたまれども 我ぞふり行く 詠み人知らず
29. をちこちの たづきもしらぬ 山なかに おぼつかなくも よぶこどりかな 詠み人知らず
30. 春くれば かりかへるなり 白雲の みちゆきぶりに ことやつてまし 凡河内躬恒
31. はるがすみ たつを見すてて ゆくかりは 花なきさとへ すみやならへる 伊勢
32. 折りつれば 袖こそにほへ 梅の花 有りとやここに うぐひすのなく 詠み人知らず
33. 色よりも かこそあはれと おもほゆれ たが袖ふれし やどの梅ぞも 詠み人知らず
34. やどちかく 梅の花うゑじ あぢきなく まつ人のかに あやまたれけり 詠み人知らず
35. 梅の花 たちよる許 ありしより 人のとがむる かにぞしみぬる 詠み人知らず
36. 鶯の 笠にぬふといふ 梅の花 折りてかざさむ おいかくるやと 源常
37. よそにのみ あはれとぞ見し 梅の花 あかぬいろかは 折りてなりけり 素性法師
38. 君ならで 誰にか見せむ 梅の花 色をもかをも しる人ぞしる 紀友則
39. 梅の花 にほふ春べは くらぶ山 やみにこゆれど しるくぞありける 紀貫之
40. 月夜には それとも見えず 梅の花 かをたづねてぞ しるべかりける 凡河内躬恒
41. 春の夜の やみはあやなし 梅の花 色こそ見えねかやはかくるる 凡河内躬恒
42. 人はいさ 心もしらず ふるさとは 花ぞムカシのかにほひける 紀貫之
43. 春ごとに ながるる河を 花と見て をられぬ水に 袖やぬれなむ 伊勢
44. 年をへて 花のかがみと なる水は ちりかかるをや くもるといふらむ 伊勢
45. くるとあくと めかれぬものを 梅の花 いつの人まに うつろひぬらむ 紀貫之
46. 梅がかを そでにうつして とどめてば 春はすぐとも かたみならまし 詠み人知らず
47. ちると見て あるべきものを 梅の花 うたてにほひの そでにとまれる 素性法師
48. ちりぬとも かをだにのこせ 梅の花 こひしき時の おもひいでにせむ 詠み人知らず
49. ことしより 春しりそむる さくら花 ちるという事は ならはざらなむ 紀貫之
50. 山たかみ 人もすさめぬ さくら花 いたくなわびそ 我見はやさむ 詠み人知らず
51. やまざくら わが見にくれば 春霞 峰にもをにも たちかくしつつ 詠み人知らず
52. 年ふれば よはひはおいぬ しかはあれど 花をし見れば もの思ひもなし 藤原良房





ファニーステップ > 古今和歌集 TOP
copyright ファニーステップ all rights reserved.

inserted by FC2 system